自己開示で孤独を解放させてあげよう

・自己開示をすると孤独感が癒される
孤独感は、人と繋がっていないという感覚が強い状態です。人とのつながりが無く、自分の存在や考えを理解する人がいない状態は精神的にとてもつらいものがあります。孤独感を軽減するコミュニケーション方法に自己開示があります。自己開示の多い人は孤独感が低いことがわかっていますから、この自己開示を使って孤独感を癒していきましょう!



・自己開示のメリット
自己開示は自分と他人をつなげる1つの橋のようなものです。自分を開示していくことで、誰かが自分の事を理解して、共感をもらうことで孤独が癒されていきます。自己開示は他人からみたらどう思われる?わがまま?と不安に思うかもしれませんが、相手は好感を持ってくれるものです。

私も自己開示した事で良い人間関係が築けた経験があります。私は元々対人恐怖症でした。この事を、親や親戚、昔の友人、好きな女性に告げる事にとても勇気が必要でした。しかし、対人恐怖だったと伝えると、親はとても優しく接してくれましたし、友人もその後も変わらず接してくれました。自分の過去を隠しているときは、どこか本当の自分を理解してくれていない…という感覚がありました。そのため、自己開示した事でより深い信頼関係を築けたように思います。

自己開示は、新しい人間関係を作るときにも大変効果的です。趣味や仕事、家族や出身など相手との共通点を見つけることができ、自分に親近感を持った人が集まってきてくれます。自分ができる範囲で大丈夫です。ゆっくりと自己開示をしていきましょう。



・自己開示のコツ
自己開示が、人間関係を作る上で有効な事がお分かりいただけたと思います。しかし、孤独で悩む人は、コミュニケーションに自信の無い人が多いため自己開示に抵抗があるかもしれません。あなたはいかがですか。「自己開示しなければ!」と最初から力まず、まずはインターネットを使って自分の気持ちを書きだして、自己開示してみましょう。 フェイスブックやMIXIと言ったSNSなら、簡単に始める事ができます。可能であれば、自分のブログを1つ作ってもよいでしょう。インターネット上の名前であれば、自己開示はしやすいものです。最初は、天気やその日あった事など、日記程度に書いてみましょう。慣れてくると自分の考えや悩んでいることを自然と書きだせるようになってきます。



次のコラム
「心の居場所を作ろう」



参考サイト:「コミュニケーション能力知恵袋(孤独感コラム)」