孤独と上手に付き合おう

・孤独は心の休息タイム 孤独は、人間関係を上手に構築するうえで必要なプラスの要素といえます。人間関係の中では、相手に対して気遣いをしたり神経を使ったりと疲れるのは当たり前です。そのため、適度な休憩(孤独)をいれることがいい良いのです。



・健康的な孤独
積極的に1人になって自分の時間を大事につかっている状態は、積極的孤独といい健康的な状態といえます。例えば、楽しい飲み会の後にお風呂に1人で入ったら、リラックスできませんか。孤独を感じるというよりほっと一息ついているという感覚が強いのではないでしょうか。

孤独な時間は普段はできない考える時間です。自分の考えを煮詰めるには、積極的に1人になって自分自身と向き合う事も必要です。1日のうちの一定の時間は積極的に1人になって孤独を感じるのもよいでしょう。



・危険信号の孤独
受身でしかたなく孤独になることを消極的孤独といいます。消極的な孤独は精神的にマイナスに作用し、肉体的にもいいことではありません。

例えば、1人暮らしで友達や彼女もいない。毎日会社の自宅の往復でさみしい気持ちがある…。このような状態のとき、1人でお風呂にはいったとしたら、リラックスというよりさびしいな、今日も1人か・・・という、沈んだ気分になるかもしれません。

このような消極的な理由で孤独になっているなら危険な状態ですから注意をしましょう。生活のあり方やコミュニケーションのあり方について見直す必要があるかもしれません。



次のコラム
「自己開示で孤独を解放させてあげよう」



参考サイト:「コミュニケーション能力知恵袋(孤独感コラム)」